母の野球奮闘記!

親子で経験した硬式野球!お茶当番や様々な両親の役割を、母親目線で呟いています。賛否両論様々なご意見があると思いますが、こんなチームもあるんだと参考になれば幸いです。

父と過ごした少年団での楽しい野球経験を終えた息子は、半ば勢いで中学硬式野球に入団したが、厳しい指導と過酷な練習に心と体がつまずいた。また母も、当番という大きな負担が生活を一転させ、息子とともにつまずいた。
卒団までの辛抱と心に決めた親子は、新たな決意と共に忍耐の日々が始まった…と思っていた。
しかし、あっと言う間に一年が過ぎ、なぜか親子は練習と当番の日がそんなに辛くなくなってきた。負担ばかりだと考えていたが、いつしか父母そして子供達の絆が深くなり、そんな仲間と共感することで負担への気持ちが軽くなったのかも知れない。
そんな様々な変化において、母と子の野球奮闘記として記録に残してみようと思う。

息抜き…いや、ダメでしょ!🐶

我が家は、かわいい二匹の犬達と暮らしています。息子が1歳の時にやって来たミニチュアダックスのさくらと、息子の誕生日にやって来たチワワのもも‼︎


さくらはお利口で誰にでも寄って行き、いつの間にかそばに寄り添ってくれる優しい犬ですが、ももは警戒心が強く臆病なため、初めて見る人や大柄の男性には牙をむいて威嚇します。

さくらは野球が大嫌い!

息子の投げた投球が見事さくらに命中した事で息子が野球の真似を始めるとあっと言う間に離れて行きます。

そしてももは、息子が大嫌い。

誕生日にやって来て一番の仲良しになるはずが…度重なる息子のイタズラに、さすがのももは息子の事が大嫌いになりました。


⬆︎息子の中学校の指定鞄に教科書など目一杯詰まった状態でチャックを閉め、ももが仰向け状態でさらにカバーで留めらた状態!

いわゆるリュックサックの蓋の部分に挟まっていて、身動きがとれない状態!


この後息子をこっ酷く叱ってやりました!

⬇︎しかし、今度はスポーツ鞄に閉じ込める始末…😑

そういえば、昔息子の教科書を嚙ったりイタズラをしていた時も多々…今はこんな関係になったのも、ももにも原因はあったかも…🤔

だとしても…ダメでしょ〜😒



こんな我が家の二匹の犬達ですが、いつも留守には番犬として家を守り、子供たちが帰宅をしたらしっぽを振って喜んでくれています。


我が家の癒しと安らぎを与えてくれる犬達は、かけがえのない存在です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。