母の野球奮闘記!

親子で経験した硬式野球!お茶当番や様々な両親の役割を、母親目線で呟いています。賛否両論様々なご意見があると思いますが、こんなチームもあるんだと参考になれば幸いです。

父と過ごした少年団での楽しい野球経験を終えた息子は、半ば勢いで中学硬式野球に入団したが、厳しい指導と過酷な練習に心と体がつまずいた。また母も、当番という大きな負担が生活を一転させ、息子とともにつまずいた。
卒団までの辛抱と心に決めた親子は、新たな決意と共に忍耐の日々が始まった…と思っていた。
しかし、あっと言う間に一年が過ぎ、なぜか親子は練習と当番の日がそんなに辛くなくなってきた。負担ばかりだと考えていたが、いつしか父母そして子供達の絆が深くなり、そんな仲間と共感することで負担への気持ちが軽くなったのかも知れない。
そんな様々な変化において、母と子の野球奮闘記として記録に残してみようと思う。

中学野球の縦割り社会!🏫

小学校までの少年野球では、学年構わず皆仲間といった感じでした。当然、試合に負けると誰のせいで負けたとか、誰かを責めたりヤジったり😞そこに親やコーチに諭されてチームワークとはを学んできた。


中学野球では、初めて先輩という存在に敬意をはらい、気遣う気持ちと態度を学んだ。何をするにも先輩を立て自分達はまず我慢!荷物運びはもちろん、キーパーのお茶を飲むのも日陰でお弁当を食べるのも当然先輩達優先。練習が終了しても、先輩達がグランドを出るまでは帰れないなど、自分達の自由な行動はなかなかとれないでいる。しかし、社会に出ればあたりまえな事で、まさに今から縦割り社会を学んでいる。野球だけでなく人との関わり方や礼儀、規律といった社会に向けての大事な一歩となっていると思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。