母の野球奮闘記!

親子で経験した硬式野球!お茶当番や様々な両親の役割を、母親目線で呟いています。賛否両論様々なご意見があると思いますが、こんなチームもあるんだと参考になれば幸いです。

父と過ごした少年団での楽しい野球経験を終えた息子は、半ば勢いで中学硬式野球に入団したが、厳しい指導と過酷な練習に心と体がつまずいた。また母も、当番という大きな負担が生活を一転させ、息子とともにつまずいた。
卒団までの辛抱と心に決めた親子は、新たな決意と共に忍耐の日々が始まった…と思っていた。
しかし、あっと言う間に一年が過ぎ、なぜか親子は練習と当番の日がそんなに辛くなくなってきた。負担ばかりだと考えていたが、いつしか父母そして子供達の絆が深くなり、そんな仲間と共感することで負担への気持ちが軽くなったのかも知れない。
そんな様々な変化において、母と子の野球奮闘記として記録に残してみようと思う。

下の子連れての当番❗️

小学生の二人の姉妹!当然当番に当たれば一緒に参加!しかし、硬式野球のボールは当たると危険だから常に母達の側で監視中!最近ではようやく野球当番がない父と自宅で過ごし、娘達の野球参加は少し減った感じ。しかし当番の母は一日中息子の野球に付き合う。時々父が息子の練習を見に来るときは、流石に姉妹だけでお留守番することも多くなった。当然家ではゲーム三昧にやりたい放題…😩まあ、他人に迷惑がかからないならよしとしよう。しかし、娘達を置いての当番は、すぐに帰れる距離ではない為心配で気は落ち着かない…😥

試合の時は姉妹がウロウロしないように、レジャーテントを使用して風や日焼け対策をしながら一緒に参加しております。仲間の父母に見守られ、時には仲間の子供達と一緒に子供どうしで遊ばせています。

週末は野球が中心に動く為、めっきり家族でレジャーに出かけることはなくなりました😞

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。