母の野球奮闘記!

親子で経験した硬式野球!お茶当番や様々な両親の役割を、母親目線で呟いています。賛否両論様々なご意見があると思いますが、こんなチームもあるんだと参考になれば幸いです。

父と過ごした少年団での楽しい野球経験を終えた息子は、半ば勢いで中学硬式野球に入団したが、厳しい指導と過酷な練習に心と体がつまずいた。また母も、当番という大きな負担が生活を一転させ、息子とともにつまずいた。
卒団までの辛抱と心に決めた親子は、新たな決意と共に忍耐の日々が始まった…と思っていた。
しかし、あっと言う間に一年が過ぎ、なぜか親子は練習と当番の日がそんなに辛くなくなってきた。負担ばかりだと考えていたが、いつしか父母そして子供達の絆が深くなり、そんな仲間と共感することで負担への気持ちが軽くなったのかも知れない。
そんな様々な変化において、母と子の野球奮闘記として記録に残してみようと思う。

我が家の訪問者!パート2

小学校の帰り道、田植え前の水を張った田んぼの中に、黒い泥の塊が…


な、な、な、なまず(鯰)です😱💦



家に帰っておじいちゃんと虫取り網を取りに行き捕まえてみたら、なんと60cmくらいの大人の腕ほどある鯰が…


水族館にいるサイズです。😱💦




偶然にも明日、娘の小学校で生き物授業があると聞いて早速小学校の先生に連絡!☎️😑

先生の承諾のもと学校へ持って行く事になりました😚🏢


岐阜県羽島市では鯰料理も有名で、なんだか奇妙な縁を感じますね。😓


とにかく、しばらくは小学校へ🏢📙🖍


毎回突然訪れる我が家の奇妙な訪問者は、これが最後でありますように…👏😑


その後…


2日後に、学校から電話がなりました☎️🏢


現在理科室の水槽で飼育中ですが、どうやら夜な夜な鯰が暴れるようで、床が水浸しとなり大変な状況に…😱


やはり引き取りの連絡でした。


早速ネットで鯰料理屋を猛検索💻


鯰をなんとかお店に引き取ってもらうよう考えました。


が…


鯰に神が見方したのか、小学校より再び連絡が…


校内の池に鯰を放流してもよいとの事!



もちろん断る理由も無く、小学校に依頼しました。とりあえず丸くおさまってよかったよかった!ご静聴ありがとうございました😆✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。